09/22/14

ゼニカル服用中は野菜を多めに

ゼニカルとは、肥満治療用の医薬品です。
服用することで、脂肪を分解するリパーゼという酵素の働きを阻害することができます。

通常は、食べた物に含まれている脂肪分は、リパーゼにより分解されて体内に蓄積されます。
しかしこのリパーゼが働かなくなると、脂肪は分解されなくなります。
するとそのままの状態で、大腸まで押し流され、便と一緒になって体外に排出されます。
つまりゼニカルを服用すると、脂肪分が体に蓄積されなくなるわけです。
そのため肥満の予防もしくは解消に、ゼニカルは非常に有効だとされているわけです。

しかしゼニカルの服用には、ビタミン類が不足しがちになるというデメリットもあります。
これはビタミンAやEなどに、脂肪分に溶け込む性質があるからです。
脂肪分に溶け込んだこれらのビタミンが、ゼニカルによって排出されてしまうため、不足しがちになるわけです。

そのためゼニカル服用中は野菜を多めに食べることが必要だとされています。
もしくはビタミン系のサプリメントの摂取でも良いです。
それらによって、失われる以上の量のビタミン類を補給するのです。
そうすることでゼニカルは、ビタミン不足に悩まされることなく、安心して服用できるようになるのです。

09/13/14

ゼニカル服用1ヵ月でどのくらい痩せるか

何度もダイエットをしているが、どうしても痩せられないという人は、ゼニカルを試してみる事をおすすめします。
ゼニカルとは、大変に効き目の高いダイエット薬のことです。
どのような仕組みで痩せることが出来るのか気になりますが、仕組みはとても簡単です。
脂肪分を分解してくれる酵素である、リパーゼの働きを抑制する事で痩せることが出来ます。
つまり太る原因となる油っこいものをたくさん食べても、それを分解吸収する事を防いでくれるので、太らないという仕組みになっています。
実際にどのくらい痩せるのかというと、ゼニカル服用1ヵ月程度で4キロから、5キロ痩せる人も珍しく有りません。
もちろんそれ以降も、飲み続ければ痩せることは可能です。
3ヶ月程度で、10キロ以上痩せたというケースも有るようです。
この辺は自分の体調と相談しながら、あまり急激に痩せすぎないように調整する必要が有ります。
ゼニカルは病院で処方してもらう事で、入手することが出来ます。
医師の指示に従って飲んでいれば、まず問題なく安全に痩せることが出来るはずです。
ですが中には個人輸入で入手している人もいるようです。
きちんと正しく服用できるのなら、個人輸入でも問題はないでしょう。